世界政府の樹立を 「市民運動新聞」時事小論

愚見抄 佐野 浩

愚見抄 表紙

けやき出版
ISBN978-4-87751-491-4
定価:1200円(税別)

<すいせんのことば>

本書は、著者自らが19年に亘る「市民運動新聞」の編集を通じて育んできた一市民としての深い洞察眼を基礎に纏められた労作である。内容的には混とんと不安の世界にあって、各国が自己中心的な国益ではなく、あるべき世界の姿を視野に置きながら、地球上全ての「市民」の平和と安全の確保を含む世界全体の利益を常に念頭に置いて考え、行動すると同時に、そういった行動を促進させるために必須とも云える人間本来の自己中心性を止揚(克服)させる様な教育の重要性を指摘した上で、当面は国連の強化、長期的には世界政府の樹立を志向するものとなっている。これからの世界と日本のあり方等の問題に一人でも多くの方に関心をもって頂くためにも、一読をお勧めしたい一冊である。

久山 純弘
(日本国連協会理事、国連大学客員教授、元国連事務次長補)

【書籍公開】PDFダウンロード

  • 全文ダウンロード(1.60MB)
  • 序にかえて - 社会問題を見つめて Part1(1.06MB)
  • 保育・教育の現場から Part2(1.01MB)
  • 我が国が抱える諸問題について Part3(1.01MB)
  • 国際情勢を考える Part4(1.03MB)
  • 小金井市政について - 1. 財政再建 - Part5(1.04MB)
  • 小金井市政について - 2. 市議会の改革 - Part6(1.03MB)
  • 小金井市政について - 3. よりよい市を目指して - Part7(1.07MB)
  • 裁判をめぐって - むすびにかえて Part8(1.05MB)

ご意見・ご要望をお聞かせください